看見台灣農業新價值
首頁 最新消息 活動專區 電子書 影音多媒體 農村巧藝
目前位置/首頁農村巧藝文化傳承/蠟染手帕
蠟染手帕
蠟染手帕 銷售資訊
台中地區農會
403台中市西區向上路一段95號
TEL:(04)23023560
NT.150
規格:長51cm x寬51cm
蠟染彩繪 餐桌上的靛藍風采
麻芛為黃麻的嫩葉,中部地區的民眾常用來煮湯,到了晚期不具食用價值後卻是染布的好素材。麻芛早期採收做植物染材色淡偏黃,晚期則是色濃偏紅,採用複染方式則可變化出多種色彩,再搭配各種縫染等各種染法,可增添多樣的花樣與色彩。 今年為提升農會巧藝班染色工藝品質,學習植物藍靛蠟染研習,加入客家元素的傳統藍染工藝,以手繪蠟染製作獨一無二的手創工藝品,並結合南屯在地麻芛熱染彩繪,開發出農事袋、彩繪壺袋、蠟染餐墊袋等餐桌文創商品。
Brighten up your Dinner Table with Indigo Batiks!
ろう染めアート食卓にインディゴの彩り
麻薏(マアイ)は黃麻(ジュート)の若葉で、中部地域ではよくスープにします。成長して食用に適さなくなっても、染料の素材となります。収穫時期によって染色後の色が変わります。早摘みは淡いイエロー系、遅摘みは濃いレッド系で、このような変化を利用した重ね染めにより多様なカラーが作れます。更に色々な縫い染め手法と組合せれば多様な模様や色彩が生まれます。 今年は手芸チームの染め物の品質を上げるため、インディゴろうけつ染めの研修を行いました。更に客家(ハッカ)人伝統の藍染めの手法も取り入れ、唯一無二のろうけつ染め手芸品が誕生。また、南屯(ナントン)のマアイ熱染手法も用い、巾着袋や彩色ボトルカバー、ろうけつ染め弁当袋等々食卓用品も開発しました。
蠟染手帕
回上一頁 TOP